2022年06月28日

吹奏楽落語「芝浜」御礼

吹奏楽落語「芝浜」は無事終了いたしました。
同じ「吹奏楽落語」とはいえ、前回の「忠臣蔵」とは全く違う趣向。
今回は音楽(演奏)と落語の完全な融合を求められる演目で、
シンディにとっても大きな大きな挑戦でした。

有名なサゲの後の温かな拍手。
そして本当のラスト、
波の音だけが残り、やがてそれも消えていった後の静寂。
胸に迫る、忘れられない舞台となりました。


来場のお客さま、主催に入って頂いたさざんかホールさま、
報道して頂いた新聞、雑誌、ラジオ局の方々など、
関係者すべての皆さまに感謝申し上げます。

そして何より、この新曲を作曲された清水大輔さん、
素晴らしい落語を披露していただいた桂九雀さん、
三味線の高橋まきさん、岡野鏡さん、
女房役の雪乃美玲さんには、特に大感謝申し上げます!

皆さま、本当にありがとうございました!

*本番レポートは後日アップの予定です。

LINE_ALBUM_20220625〜26 吹奏楽落語『芝浜』_220628.jpg

S__28295179.jpg

LINE_ALBUM_20220625〜26 吹奏楽落語『芝浜』_220628_0.jpg

posted by shindy at 09:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。